BLOG
【自然素材】の良さ (結露・カビ)

こんにちは現場監督のMです。前回に引き続き『自然素材』になります。

今回は結露やカビについてのお話です

 

 

いきなりですが、普段私たちは皮膚や息からも水分(水蒸気)を出していて、その量は1日1L だそうです。
意外とでていませんか?

 

 

さらにこれからの季節は、リビングでお鍋、洗濯物は室内干しが多くなり、それ以外にもケトルや電子レンジ、食洗機など家電製品からも水蒸気は多く発生しています。
それでも、「冬は乾燥しているから・・」と夜通し加湿機も炊いたりもしますよね。

 

 

実際に家の湿度はどのぐらいになっているかご存知でしょうか。

 

 

家の中で結露が発生しているなら、それは露点温度を越えているということになります。

 

冬の風物詩?の結露が発生すると、冬だな~って感じですが、ベルハウスの事務所の大きなガラスには結露は発生しません。
一枚モノの安い薄々ガラスですが、外で雪が降っていても全く結露しません。

 

なぜかというと、ベル事務所で冬場に3台の加湿機を炊いても事務所の湿度は40%ぐらいにしかならないからです。
そうです、ここにはお風呂もなく炊事をすることもないので(ポットはある!)ガンガンに加湿機を炊いても湿度はこんな程度なんですね。
なので、この場合だと外気温が氷点下3~4℃にならないとベル事務所の窓ガラスは露点温度に達せず、結露はしないという理屈になります。

 

 

 

湿度は低くてもつらいですが、高すぎても健康的に良くないですよね。

湿度が高く結露が頻繁におきれば、ハウスダストの原因となるカビやダニも発生してきますもんね。

 

なのでベルハウスの家造りは調湿にもこだわっています。

『無垢の構造材』『無垢のフロア』はもちろん、『漆喰塗りの壁』『調湿効果の高いセルロースファイバー断熱』
と、家全体で呼吸するような素材でベルの家は出来ています。

 

 

現代の家は、呼吸しないプリント製品やビニール製品という「新建材」でつくられているのでその辺は対称的とも言えますね。

 

 

 

『クロス+合板フロア』と『無垢材』の調湿比較  ※当社事務所にて

コップに入れた水の湿気で、左側の『ビニール壁紙と合板フロアー』の箱では3日目でカビが発生してきます。
放っておくと、その後はこのような状態に・・・(ひぇ~)

 

一方、抗菌性や調湿にすぐれた、右側のベルの家で使っている無垢材の箱からはいつまで経ってもカビは発生しないのです。

 

 

もちろん、ここで使用したパンは、ベルハウスの近所で作っているの無添加のパンでございます。(カビが生えやすい!)
コンビニのパンではどちらの箱からもカビが発生しませ~ん。(両方ともいつまでもカビないので実験にならない・・)

 

 

やっぱり食べ物も家も健康的なのが一番ですね~。(まとめ)

 

カビと結露のお話でした。
ではまた(^^)

 

 

 

2019年11月27日

EVENT
イベント情報

2020年5月31日

5/31(日) 土地探し勉強会を実施します【予約制】

2020年6月20日

6/20(日) 土地探し勉強会を実施します【予約制】

2020年4月26日

4/26(日) 土地探し勉強会を実施します【予約制】

MENU

PAGE
TOP