BLOG
光と風のパッシブデザイン2

先日書いたパッシブデザインの家について、もう少し詳しく書いてみました。

(写真は時期が遡っておりますが・・)

 

 

家づくりにおいても、パッシブハウスとかパッシブデザイン、

パッシブ住宅などパッシブを含んだ名前はいろいろとありますが、

そもそも【passive(パッシブ)】という意味は「受動性の」「受身の」

というような消極的な意味を持った言葉なんです。

 

 

その反対が【active(アクティブ)】になりますが、

「自ら働きかけるさま」、「能動的」という意味になります。

 

 

言葉の意味はこんな感じですが、

「自然の恵みを頂く」的な感じと理解していただければよろしいかと思います。

 

工務店やハウスメーカーにもよってパッシブ住宅の考え方や

仕様に多少の違いはあるんですが、冷暖房などの光熱費を極力使わず、

自然のエネルギーを活かした快適に暮らせる家

という部分が設計の基本になっていると思います。

 

 

イラストは尼崎市の家をモデルにした断面図です。

大きな考え方で言うと、日本の四季と太陽の動きを考えた家、

と言えますね。

 

 

少し難しくなりますが、大阪や神戸だとの夏至の昼12時における

太陽高度は78°になりますが、その角度だと太陽の日差しは

軒やバルコニーに遮られて室内には入りません。

これは8月の終わりまで続くのです。(今回の家の設計の場合)

 

なので夏場の昼間は、家の南面の窓に直射日光は入らず、

ずっと日陰の状態なんですー!(当然)

 

 

え・・じゃ、部屋が暗くなるんじゃないの~?ということになりますが

南面は大きめの窓を付けるので自然光でも

十分明るくなるよう設計してるのです!

 

 

まだ工事完了前ですが、現在は1階の南面の窓に少しずつ

日が入る時間が長くなってきております。

 

 

このように冬場になるにつれて、多くの日射エネルギーを

取り入れることができるようになります。

ちなみに、冬至の12時における太陽高度は31°まだ下がります。

 

 

またパッシブハウスについて書いてみたいと思います。

今日はこのぐらいで。

 

 

 

 

2017年09月22日

EVENT
イベント情報

2021年10月23日

10/23(土) 土地探し勉強会を実施します【予約制】

2021年11月27日

11/27(土) 土地探し勉強会を実施します【予約制】

2021年9月25日

9/25(土) 土地探し勉強会を実施します【予約制】

MENU

PAGE
TOP