BLOG
西宮市T様邸 ■大工工事完了■ 大工さんのお仕事

 

こんにちは。

施工管理・営業担当のHです。

【きになるお話】で上棟のお知らせをさせて頂きましたお家ですが昨日、大工さんの工事が完了しました。

つい先日上棟したばかりの感覚でいたのですが、あっというまでした。

そこで、こちらのお家を建ててくれた大工さんのお仕事をご紹介をしたいと思います。

まずは、玄関入って左手にございます、シューズボックスと玄関枠の取り合いの部分。

弊社では一部オリジナル家具を標準でお取り付けしているのですが、こちらは大工さんに取り付けていただいております。

 

 

垂直に立つ玄関枠に対して、約1mm控えてシューズボックスの板材を設置しております。

 

たかが1mm、されど1mm。

 

玄関ドアを開け正面を見たとき、この1mmが逆に玄関枠よりも飛び出していたらどう見えるのでしょうか?

また木材は、人工の材料とは違い、伸縮したり反ったりと、動きます。なので枠と板材の’で’を同面で設置してしまうと後々微妙に隙間が生じた、枠よりも若干飛び出してしまったりということが起こりかねません。

予め控えて取り付けることで見た目にも美しく、長い期間その見た目をキープすることができます。

 

 

次は和室、方立(画像:縦枠)と鴨居(画像:溝をのついた横枠)の取り合い部。

 

 

単に方立に対し鴨居を必要長さにカットし当てて固定しているだけのように見えますが・・・

 

 

 

実は画像のように鴨居の溝にあわせ、方立を加工し、一枚目の画像のように隙間なくぴったりくっつけております。

様々な加工の仕方はあり、手早く仕上げる方法はいくらでもありますが、ベルハウスの大工さんはただ作るだけではなく、”より良いものを作る”という気持ちが強い大工さんです。

 

意識してみなければ景色の一部としてしか目に入らない部分ではございますが、こうした細部のクオリティーにこだわり、お家全体にちりばめる事で、美しい空間が仕上がるのではないでしょうか?

 

 

手間を惜しまず、釘1本、のこぎりを握る時も、お客様を思いお家作りをしてくれる大工さん。

 

 

 

そんな職人さんたちを大切に、日々切磋琢磨、よりよいお家作りをこれからも続けていきます。

 

2019年07月14日

EVENT
イベント情報

2019年11月23日

11/23(土) 土地探し勉強会を実施します【予約制】

2019年11月21日

絵本シアター 11/21(木)

2020年2月27日

お母さんのための教育セミナー 2/27(木)

MENU

PAGE
TOP